07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
JYJ
jyj


裁判所「JYJの独立芸能活動合法」…SMの仮処分申請棄却


ソウル中央地方裁判所が、SM Entertainmentがキム・ジェジュン、キム・ジュンス、パク・ユチョンを相手に提起した仮処分の異議の申し立ておよび専属契約効力停止の仮処分申請を棄却した。

ソウル中央地方裁判所は17日「SM EntertainmentがJYJメンバーを相手に提起した仮処分の申し立ておよび専属契約効力停止の仮処分申請を全て棄却した」と明らかにした。

JYJメンバーらはSMと締結した契約が無効であり、よって独立芸能活動を保障するという裁判所の決定が合法だという点と、SM Entertainmentが契約の有効を主張しながらJYJメンバーらの芸能活動を妨害してはならないという判断が下された。

SMは2009年10月27日、ソウル中央地方裁判所の仮処分決定(つまりSMがJYJメンバーの独立芸能活動を妨害してはならないという趣旨の決定)が違法だと主張しながら仮処分の異議の申し立てを提起した。

これに裁判所は▲この件の専属契約は芸能企画会社の一方的な指示を遵守するようになっている“従属系専属契約”に該当し▲JYJメンバーらは交渉力にあってSMに比べて一方的に劣悪な地位にあり、SMの措置にそのまま従うしかなく▲投資リスクの減少や安定的な海外進出などを名分にしてこの件の契約のように極端な長期期間の従属系専属契約が正当化されることはなく▲SMがJYJメンバーらの一挙一動についての指揮監督権を行使することができる項目などはJYJメンバーらに一方的に不利な項目に該当すると明らかにして無効を宣告した。

またSMがJYJメンバーらとCJes Entertainmentとの間の契約効力を停止してほしいとう仮処分の件でもSMの申請が却下された。

裁判所は「裁判所が2009年10月27日付けで、SMに対してJYJメンバーらの独立芸能活動を妨害しないことなどを命ずる仮処分をした事実が明らかな以上、SMがJYJメンバーとCJes Entertainment間の業務委託契約の効力までに停止するのを求めることは上記の仮処分決定に真っ向から反する申請として許容されない。現時点では、SMがJYJメンバーらの芸能活動に関する専属契約の期限管理-監督権を行使することはできない」と説明した。

JYJのマネージメントを担当しているCJes Entertainmentのパク・チャンジュ代表は「ゴリアテを相手に厳しい戦いを黙々と勝ち抜いているJYJメンバーらとスタッフに尊敬の念と感謝の気持ちを伝えたい」とし「真実の勝利だと思い、これから二重契約など無理な論理で私たちの活動を妨害することがないよう願い、JYJが大衆に最高の姿を見せることができるよう努力する」と裁判の判決に満足感を示した。

2011.02.17 
yuchun


タレントパク・ユファンが、実の兄グループ“JYJ”パク・ユチョンの秘密を暴露した。

「度が過ぎるほど清潔なところが玉にキズ」だというが、欠点は思いつかなかったよう。
しばらく考えた後「うーん、本当にないようですね」と言いながら「完璧なところ?」と笑いながら話した。


やっと思いついたのが「兄は家に髪の毛が落ちているのを見過ごせない。
僕がコップを使ってテーブルに置いてままにしておくと早く片付けろと言う」くらい。
そうだといって潔癖症まででないそう。「少し疲れるくらいのきれい好き」なだけだという。


自分は兄と違うという。「兄は女性的で自分は男性的」としながら
「兄は整理整頓が上手くて、部屋を飾るのが好きで、纎細な反面、
自分は人がすすめるままに着るし、おしゃれに関心がない。
自分は少しクールでシック」と語った。


演技をやりながら自信を得て陽気な性格になったというパク・ユファンは
「小学生低学年の時、兄と一緒の部屋を使っていたが、
いつも腕を組んで寝ようとして面倒くさかったことが一、二度ではなかった」と打ち明けた。



完璧なんです!
ウリ ユチョンさん(笑)




JYJパク・ユチョンが弟パク・ユファンに億代(ウォン)の車をプレゼントした。

2月15日、あるメディアは、「パク・ユチョンは、演技者の道を進むことに決めた弟
パク・ユファンのために2010年クリスマスに車をプレゼントした。
パク・ユファンがプレゼントされた車はBMW M3で億代(ウォン)といわれる高級乗用車である」と報道した。

パク・ユファンは、インタビューで「3ヶ月間兄にねだった」とし
「兄(パク・ユチョン)がプレゼントの際に、演技の道はそれほど簡単ではないが、
せっかく始めたからには良い結果を得るようにと応援してくれた」と伝えた。
続けて「兄に恥ずかしくない弟になる」と念を押したことが知られた。


一方パク・ユチョンは、2月8日、弟が出演するMBC週末連続ドラマ
『キラキラ輝く』制作発表会現場に応援のため訪問して特別な兄弟愛を見せている。




どんだけの兄弟愛
兄ちゃん、ほどほどにね(笑)

2011.02.17 
JYJ
JYJ


グループJYJのメンバー、パク・ユチョンとキム・ジュンス、キム・ジェジュンが
身体検査を受けた事実が知られながら、彼らの軍入隊について関心が集まっている。

C-Jesエンターテインメント関係者は17日、ジョイニュース24に
「パク・ユチョンとキム・ジュンスが最近兵務庁で身体検査を受けたのは事実だ。
キム・ジェジュンは先週、身体検査を受けた状態」と確認した。
しかし具体的な入隊時期については、「入隊時期は未定だ。
今後のスケジュールなどを考慮して決める問題」と伝えた


一方、JYJは最近ミュージック エッセイを発売し、
メンバーのキム・ジュンスはミュージカル『天国の涙』の公演中だ。
JYJは今年前半期にワールドツアーの計画をたてている。





あらら、受けちゃったのね
いつだろう・・・
行っちゃうのかな・・・( ̄▽ ̄ㆀ)


2011.02.17 
ユチョン実弟「兄と比べられるなんて光栄」

photo


パク・ユファンは8日午後1時、インペリアル・パレス・ホテル(ソウル市江南区)
で行われたMBC週末ドラマ『キラキラ輝く』(ぺ・ユミ脚本、ノ・ドチョル演出)の制作発表会に出席した。


パク・ユファンは、ドラマ『トキメキ☆成均館(ソンギュンガン)スキャンダル』で
一足先に俳優デビューを果たした兄、JYJのユチョンと比較する記者の質問に対し
「兄と比較されること自体、光栄なこと。一生懸命頑張りたい」と答えた。


パク・ユファンは相手役のハン・ジウについて
「一目ぼれしてしまった。初めての作品の、初めての恋人役なので、ずっと忘れられないと思う」
と言ってほほ笑んだ。


また「こんにちは。パク・ユファンです。とにかく新しい経験でとても緊張し、ドキドキしている」
とあいさつした。


最後に「年下のせいか、現場で周りの方々が息子のように可愛がってくださる。
先輩たちの方から声をかけてくれてうれしい。ベストを尽くして頑張りたい」と言って頭を下げた。


この日の制作報告会には、兄ユチョンも応援に現れ、注目を浴びた。

yuchun

JYJユチョン、弟の応援のためドラマ製作発表会に出席

yuchun

JYJのユチョンが俳優デビューする弟、パク・ユファンを応援するために
ドラマ製作発表会の会場に現れて注目を集めた。

ユチョンは8日午後、ソウル市江南区ノンヒョン洞の
インペリアルパレスホテルで行われたMBCの新週末ドラマ『キラキラ輝く』
の製作発表会にサプライズ参加した。

ドラマに出演するパク・ユファンが舞台に上がってフォトタイムを持つと、
すぐに製作発表会の進行をしていたコメディアンのパク・チュニョンがユチョンを直接紹介した。
パク・チュニョンは「弟パク・ユファンの応援のためにユチョンが直接やって来ました。
二人は本当にそっくりです」と紹介したし、
舞台の下にいたユチョンは手を振って余裕ある姿を見せた。
これに取材陣がざわついて、ユチョンに向かってフラッシュを浴びせた。

ユチョンは以後、キム・ヒョンジュ、イ・ユリなど出演陣が集まっているテーブルを訪ね、
いちいちあいさつをして弟を応援した。
ユチョンの弟パク・ユファンは『キラキラ輝く』で俳優としてデビューする。
劇中、ハン・ジウン(チャン・ヨン)と何と43歳も年の差がある異母兄弟イ・ソウ役で、
独特の出生と環境のために友人と交わることができない孤独な少年を演じる。





お兄ちゃんのおかげだ!
何て言わせないように頑張ろうね!

ドラマ、楽しみにしています゜ヽ(∞'v`)ノ


2011.02.08 
JYJ
ユチョン 「舞台に立てるだけでうれしい」

yuchun

グループJYJのユチョンがドラマに出演すると言ったとき、
多くの人々が「歌手が演技なんて…」という反応を見せ、懐疑的な意見が多かった。
しかし、ユチョンの挑戦は意外にも高い評価を得た。
昨年出演したドラマ『トキメキ☆成均館(ソンギュンガン)スキャンダル』(KBS)で
「2010年KBS演技大賞」の新人賞、ネチズン賞、人気賞を受賞し三冠王に輝くと、
世間はユチョンの「商品性の高さ」にあらためて注目した。


欠点一つないように見える好青年ユチョンは、
東方神起のメンバーとして活動していたときから、
実力とルックスを兼ねそろえた最高のエンターテイナーとして、
無限の可能性を秘めたスターだった。
既に学生時代から有名人だったというユチョンは、
芸能事務所SMエンターテインメントにスカウトされ、
東方神起としてデビューし、音楽関連の各賞を総なめにし、大スターとして君臨した。


ユチョンは日本のBee TVのドラマにも出演し、注目を浴びた。
しかし、光り輝くようなユチョンの人生にも試練が待っていた。
それは、SMエンターテインメントとの専属契約をめぐる法廷争いだった。
別のメンバー、ジュンス、ジェジュンとチームを組み、JYJを結成したが、
テレビ出演を阻止され、再起は難しいのではないかと思われたほどだった。


しかしこのような困難に負けず、ユチョンは持ち前の才能を発揮し、変わらぬ活躍ぶりを見せている。
最近は多くのテレビ番組に出演しているだけでなく、
次々と舞い込むオファーにうれしい悲鳴を上げている。


最初に会ったのが、東方神起がデビュー曲「HUG」をリリースした2004年ごろだったから、
いつの間にか7年という歳月が過ぎたことになる。当時から礼儀正しく誠実そうに見えたが、
今でもよくそう言われているのか。


「こんな風に以前会った方と再びお会いし、こういう話を聞くと、本当にうれしい。
歌手としてデビューしたとき、一番心配だったのが、誇りとうぬぼれを混同することだった。
今でも礼儀正しく、真っ直ぐな生き方で、常にほめられるように頑張っている」


yuchun


‐本当におめでとう。KBS演技大賞で3冠に輝いたが、
たった一つの作品が生んだ成果にしては、予想以上に高い評価を得ているようだ。
音楽と演技、各分野で人気を集めている秘訣は何だと思うか。


「何だか照れくさい質問(笑)。
正直、すべての分野で人気を集めていると思ったことはないが、
今回の作品は3拍子そろった作品だったようだ。
最近、歌手が演技もするケースが多いため、
そのような部分で感じるプレッシャーを克服しようと、より一層努力した。
むしろ成功には無欲になろうと思っていたので、仕事に対する集中力も高まった。
人気の秘訣…自分をホワイトボードのようだと思ったことはある。
正直、いつもきれいな訳ではないけれど、必要に応じて書いたり消したりすることができ、
だから僕がしたいことを描けるのかもしれない」


‐最近は芸能界のトレンドが急変し、歌手と俳優を兼業するケースが増えているのは確かだ。
もちろん、あなたもほかの俳優兼業の歌手たちと同じケースではある。
演技をする目的は何か。また、どんなきっかけで俳優になろうと思ったのか。


「演技は、歌手デビューした後も絶対に挑戦してみたい分野だった。
正式に演技のレッスンを受けてみたいと思っていたし、
『トキメキ☆成均館(ソンギュンガン)スキャンダル』に出演することになったとき、
『どうして今、演技に挑戦するのか』という質問をたくさん受けたけれど、
僕はむしろ早過ぎるのではないかと思った。
僕が演技をする理由は、本当にやってみたかったから」


‐昨年末に放送されたKBS演技大賞で久々に舞台に立った。
大勢のファンが期待して見守っていたが、
あなたが出演したドラマのテーマ曲1曲だけしか歌わなかったので、みんながっかりしたのではないか。
JYJは久しぶりの舞台だったから、期待していたはずだが…。心残りはないか。


「もっとたくさん歌いたかったけれど、思うように事が進まなかった。
それでも歌を歌うことができることだけでうれしかった。
僕たちだけの歌を歌いたかったけれど、ただ舞台に立てるということだけで感激だった。
久しぶりだったせいか、とても楽な気持ちで舞台を楽しむことができた。
残念だった部分は、ファンの方々や視聴者のみなさん、そして僕たちもきっと同じように感じていたと思う。
今年はもっと素晴らしい姿をお見せしたい」


yuchun




2011.02.03 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。