07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
ユンホ、キム・ガンウ、エリック、ドラマ「ポセイドン」出演決定!

韓国初代海洋警察ドラマ「ポセイドン」の主演俳優が
ユンホ、キム・ガンウ、エリックに決まった。

20日、海洋警察庁ホームページに掲載された
「海洋警察ニュースとポートエッセイ」で「ポセイドン」について放送された。
進行者は「今週は海洋警察ドラマ「ポセイドン」にキャスティングされた
俳優たちの現場訓練の姿を撮影しました」とし、3人の訓練の様子を公開した。

放送によると「俳優たちは仁川海警特攻隊で現場訓練を受け、
仁川実尾島(インチョン・シルミド)周辺でテスト撮影を終えた」という。

「ポセイドン」の主演俳優ではカン・ジファン、チャン・ヒョクを含め、
ユンホら、東方神起のメンバージェジュンらが有力な候補に上がっていた。

「ポセイドン」の本撮影は11月3日から行われる。
演出は「オールイン」を演出したユ・チョルヨンプロデューサーが務め、
脚本は「アイリス」の共同執筆を務めたチョ・ギュウォン氏が担当する。

H2Oプロダクションのある関係者は「海洋警察庁の全幅的な支援の下で制作される。
数カ月間作家陣との密着取材を通じて海洋警察内で人命構造を担当する特殊チームの活動を扱う予定だ。

強い人間愛をもとにした主人公たちの挑戦と、犠牲の精神を通じて生命の大切さを心に刻み、
心に痛みを抱きながら生きていく話で、視聴者たちの共感を超えたそれ以上の感動を導き出すだろう」
と明らかにした。







ユンホ、ファイティン!!!


2010.10.23 
jyj


マネージメント社のSMエンターテイメントと
専属契約紛争で国内外活動を中断したグループ
東方神起のジュンス、ユチョン、ジェジュンがグループJYJで帰ってくる。

29日三人のスポークスマンによれば、ジュンスら3人は米国ヒップホップスターカニエ・ウェスト、
ロドニー・チョキンスらと手を組んで、JYJという名前で10月12日
初めてのワールドワイドアルバム「ザ・ピギニン」を世界に同時発表する。

アルバムのタイトルには「世界舞台へ向かう旅程の初めての開始」という意味が含まれている。
『Ayyyガール』と『Empty』『ピ・マイガール』をはじめとして、3人の自作曲10トラックが掲載された。
特に、全曲を英語で歌って注目を集めている。
一番のトラック『Ayyyガール』はグラミー賞を14回受賞したウェストがプロデュースし、彼の肉声も収められた。
ブラシ歌手マルリクユセフが、フィーチャリングした。

『Ayyyガール』と『ピ・マイガール』はマイケル・ジャクソンのプロデューサーで有名なジョキンスが作曲した。
ジョキンスは「JYJの世界舞台デビューアルバムに参加することになり、非常にうれしい。
最近東洋と西洋が会って多様な文化を創り出している世界市場に、
カニエ・ウェストとともに音楽という言語で最高のミュージシャンを紹介することになった」と伝えた。
「今回の作業は、私たちに非常に特別で大切なプロジェクトであった」と述べた。

今回のアルバムには3人の自作曲を入れた。
ジェジュンの『Still in Love』、ユチョンの『アイラブユー』、
ジュンスの『I Can Soar』の3人が、10代から作曲してきた歌だ。
今回のアルバムはグループソリッド出身チョン・ジェユンが、全体的な調整とプロデュースを担当した。

JYJのマネージメント社シジェスエンターテイメント・ペク・チャンジュ代表は
「困難の中でも最善を尽くして完成したJYJの今回の初めてのワールドワイドアルバムには、
ファンに向かった三メンバーの真心が収められている。
JYJメンバーも、このアルバムに含まれた自分たちの努力がよく伝達されることを希望する」と明らかにした。
ジュンスらは「今回のアルバムを通じてファンの前に音楽を披露することができること自体だけでも、非常に感激だ。
JYJのすべての力量と真心が、ファンによく伝えられるように願う」と伝えた。

今回のアルバムの流通は、ワーナーミュージックワールドワイドが担当する。
スペシャル限定版も、9万9999枚発売する。
10月19日からアイチューンズを通じても音源を購入することができる。




とうとうですか
日本で使っていたJYJと言う名前を使うことが出来るんですね
全曲英語か・・・・・
苦手だな・・・・・( ̄▽ ̄ㆀ)

2010.09.30 
さて、東方神起の日本における5年間の活動と、
その魅力溢れる世界を体感するイベント「TOHOSHINKI EXPO 2010」の開催が決定しました!

「TOHOSHINKI EXPO 2010」では、東方神起が日本デビューした2005年から現在までの軌跡を、
多数の未公開写真を中心に映像などを交えた空間で演出する【SHOW CASE】、
そして2006年から2009年までのライブツアー映像の中から
"Bigeastの皆さんが選ぶベストパフォーマンス"を編集し、上映する 【THE MOVIE】を開催します♪


【TOHOSHINKI EXPO 2010 ~SHOW CASE~】
<東京会場>
10/22(金)~24(日)
東京国際フォーラム 展示ホール1

<大阪会場>
10/29(金)~31(日)
ATCホール Aホール

チケット申込受付は、9/30(木)14時より開始予定♪
イベント詳細やチケット申込方法などの詳細情報は、
9/30(木)12時より TOHOSHINKI EXPO 2010オフィシャルサイトに随時アップいたします。


【TOHOSHINKI EXPO 2010 ~THE MOVIE~】
1st~4thまでのライブツアー映像を楽しむことができ、
さらになんと"みんなで歌って踊れる" 新感覚の劇場版が登場!!
みんなで盛り上がって楽しもう!

ライブパフォーマンスの投票に関する詳細、
上映劇場及び日程は後日発表いたします。
もう少々お待ちください。



活動がないのにこんな事だけはする・・・
こう言うのが嫌なのだ・・・

誰が正しいとかどうでも良いけど、
結局は商品・・・

2010.09.30 
東方神起3人、上海コンサート参加…中華圏活動は持続


東方神起のジュンス、ジェジュン、ユチョンの3人の中国活動は、続くものと見られる。

中国・上海日刊紙東方朝方は、24日「東方神起3人が10月23日上海ホンコウサッカー場で開かれる
『2010東亜飛演唱会』慈善コンサートに参加する」と報道した。

東方神起3人は、16日エイベックスの活動中断発表で現在日本活動を全面中断した状態だ。
このため中華圏活動も難しくなるのではないかとファンの憂慮が大きかった。
東方朝方は「日本では活動中断状態だが、中華圏活動はエイベックスではない
東亜エンターテイメントが担当するので、何の問題もない」と伝えた。

ジュンス、ジェジュン、ユチョンが上海を訪れたのは、
2009年アジアツアー「MIROTIC in SHANGHAI」以後、約1年ぶりだ。
久しぶりに上海を訪れる東方神起3人を見るために、中国ファンが大勢集まることが予想される。
東方神起は9月アンディ・ラウ、レオン・ライ、スー・チーらが所属した
有名香港企画会社東亜エンターテイメントと契約を締結して、本格的な中華圏活動を始めた




やっぱり中国で本格的な活動にはいるんだね
中国活動まで応援するつもりは正直無いので、
ユチョン・ジェジュン・ジュンス
頑張ってください・・・・・

2010.09.27 
「エイベックス、アーティストではない利益の道具として利用」


エイベックスが私たち3人をアーティストで待遇したということより、
自社利益の道具として利用したという考えを振り切ることができない」
ユチョンとジュンス、ジェジュンら東方神起3人が、
日本国内マネジメント業務を担当しているエイベックスの日本活動中止宣言に関して、
17日公式立場を明らかにした。

これと関連して、東方神起3人は「エイベクスが現所属事務所シジェス代表の過去履歴を事前に知っていたし、
エイベクスの契約変更強要に応じないので、一方的に活動中断を宣言した。
SMエンターテイメント所属の東方神起5人に対しては、契約が有効だと明示するのは論理に外れる立場だ」
と反論した。

これらは先に現所属事務所C-JeS代表の過去履歴と関連
「エイベックスは東方神起3人との契約に先立ちこれに対する事実を認知していたし、
この内容は専属契約の不履行ではないため、契約の解約や活動中止理由にならない」と明らかにした。
彼らは「数ヶ月前、エイベックスはこのような理由を挙げてC-JeSを除いた契約を要請し、
東方神起3人は日本国内円滑な活動のためにこれを受け入れて、再契約議論に誠実に参加した」と明らかにした。

引き続き「しかしエイベックスは既存契約内容とは違って、3人に一方的に不利な条件をかかげ、
これを断るとすぐにC-JeS代表の暴力団連係理由を挙げて契約解除立場を明らかにし、
その後最終活動中止通知をするに至った」と主張した。
エイベクスの契約変更強要に応じないので、東方神起3人の意思とは関係がなく、一方的に活動中断を宣言した。

東方神起3人側は「エイベックスは東方神起3人との契約以後、
最近までエイベックスが斡旋した各種コンサート出演、ジュンスのソロレコード発売、
エイベックス所属事務所歌手のミュージックビデオ出演をはじめとして
最近3人のアルバム『The..』発表に至るまで、自社収益創出のため色々な活動に東方神起3人を参加させた」と説明した。

最後に「エイベックスはユチョン、ジュンス、ジェジュン3人に対して契約を休止するという報道文を発表したが、
SMエンターテイメント所属の東方神起5人に対しては契約が有効だと明示して、論理に外れる立場を守っている」と明らかにした。

ユチョン、ジュンス、ジェジュンは「エイベックスと円満な合意のために誠実に対話に臨んだにもかかわらず、
このような活動中止通知を受けることになって非常に残念な思いだ。
今回のことを契機に、エイベックスが私たち3人をアーティストで待遇したというよりは、
自社利益の道具で利用したという考えを捨てることができない」と心境を明らかにした。


東方神起3人は「日本ファンとの出会いもまた、約束できなくなって苦しい気持ちだ。
これを解決するためにはファンのみなさんの積極的な支持と関心が必要だ。
日本国内活動再開を通じて、1日も早くファンに会うことができることを希望する」と明らかにした。


今回の契約の件と関連して、法律的業務を担当する法務法人世宗のイム・サンヒョク弁護士は
「自社の欲を満たすことができないといって、代表的な韓流スターの東方神起3人の足を強制的に縛るということは非道徳的な処置だ。
これを必ず解決して東方神起3人が日本国内活動を円滑にすることができるように努力していく」と話した。


エイベックスは、2005年初めて東方神起とマネジメント契約を採決して、東方神起の活動を前面支援してきた。
4月には東方神起3人のユニットを結成して専属契約を結んで、共に活動すると明らかにした。
東方神起3人は8日ミニレコード『The...』発売後、オリコン週間アルバムチャート1位を記録して、
相変わらず人気を誇示した。
しかしこれからエイベックスを通じた東方神起3人のメンバーだけの独自の日本活動は難しくなった。





はぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先が真っ暗だ・・・・・・・・・・・・・・・・


2010.09.17 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。