10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
「エイベックス、アーティストではない利益の道具として利用」


エイベックスが私たち3人をアーティストで待遇したということより、
自社利益の道具として利用したという考えを振り切ることができない」
ユチョンとジュンス、ジェジュンら東方神起3人が、
日本国内マネジメント業務を担当しているエイベックスの日本活動中止宣言に関して、
17日公式立場を明らかにした。

これと関連して、東方神起3人は「エイベクスが現所属事務所シジェス代表の過去履歴を事前に知っていたし、
エイベクスの契約変更強要に応じないので、一方的に活動中断を宣言した。
SMエンターテイメント所属の東方神起5人に対しては、契約が有効だと明示するのは論理に外れる立場だ」
と反論した。

これらは先に現所属事務所C-JeS代表の過去履歴と関連
「エイベックスは東方神起3人との契約に先立ちこれに対する事実を認知していたし、
この内容は専属契約の不履行ではないため、契約の解約や活動中止理由にならない」と明らかにした。
彼らは「数ヶ月前、エイベックスはこのような理由を挙げてC-JeSを除いた契約を要請し、
東方神起3人は日本国内円滑な活動のためにこれを受け入れて、再契約議論に誠実に参加した」と明らかにした。

引き続き「しかしエイベックスは既存契約内容とは違って、3人に一方的に不利な条件をかかげ、
これを断るとすぐにC-JeS代表の暴力団連係理由を挙げて契約解除立場を明らかにし、
その後最終活動中止通知をするに至った」と主張した。
エイベクスの契約変更強要に応じないので、東方神起3人の意思とは関係がなく、一方的に活動中断を宣言した。

東方神起3人側は「エイベックスは東方神起3人との契約以後、
最近までエイベックスが斡旋した各種コンサート出演、ジュンスのソロレコード発売、
エイベックス所属事務所歌手のミュージックビデオ出演をはじめとして
最近3人のアルバム『The..』発表に至るまで、自社収益創出のため色々な活動に東方神起3人を参加させた」と説明した。

最後に「エイベックスはユチョン、ジュンス、ジェジュン3人に対して契約を休止するという報道文を発表したが、
SMエンターテイメント所属の東方神起5人に対しては契約が有効だと明示して、論理に外れる立場を守っている」と明らかにした。

ユチョン、ジュンス、ジェジュンは「エイベックスと円満な合意のために誠実に対話に臨んだにもかかわらず、
このような活動中止通知を受けることになって非常に残念な思いだ。
今回のことを契機に、エイベックスが私たち3人をアーティストで待遇したというよりは、
自社利益の道具で利用したという考えを捨てることができない」と心境を明らかにした。


東方神起3人は「日本ファンとの出会いもまた、約束できなくなって苦しい気持ちだ。
これを解決するためにはファンのみなさんの積極的な支持と関心が必要だ。
日本国内活動再開を通じて、1日も早くファンに会うことができることを希望する」と明らかにした。


今回の契約の件と関連して、法律的業務を担当する法務法人世宗のイム・サンヒョク弁護士は
「自社の欲を満たすことができないといって、代表的な韓流スターの東方神起3人の足を強制的に縛るということは非道徳的な処置だ。
これを必ず解決して東方神起3人が日本国内活動を円滑にすることができるように努力していく」と話した。


エイベックスは、2005年初めて東方神起とマネジメント契約を採決して、東方神起の活動を前面支援してきた。
4月には東方神起3人のユニットを結成して専属契約を結んで、共に活動すると明らかにした。
東方神起3人は8日ミニレコード『The...』発売後、オリコン週間アルバムチャート1位を記録して、
相変わらず人気を誇示した。
しかしこれからエイベックスを通じた東方神起3人のメンバーだけの独自の日本活動は難しくなった。





はぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先が真っ暗だ・・・・・・・・・・・・・・・・


スポンサーサイト

2010.09.17 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。