10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
yuchun

グループ{東方神起}のユチョンがキャスティングされたドラマ
『成均館スキャンダル(仮題)』の原作小説『成均館儒生たちの日々』が、また注目された。

昨年7月出版された『成均館儒生たちの日々』の1巻と2巻が、11位と19位の順位圏に再ランキングした。
儒教と党派争い、成均館儒者などを素材に、当代の若者たちの恋愛談を愉快に描いた。

ポプチョン(法頂)僧侶の遺作ブームは、まだ続いている。
散文集『美しい最後』が5週連続1位になっているのをはじめ、
先週と同様に上位20位中10冊が、ポプチョン(法頂)僧侶の本がランキングした。
小説『恵翁主』とフランス作家ベルナール・ヴェルベールの新しい短編集『パラダイス』は、
ポプチョン(法頂)僧侶ブームの中でも着実に人気を呼んでいる。
『恵翁主』は先週に続き2位を維持し、『パラダイス』は1階段上がって3位になった。


これは韓国出版人会議が9日から15日まで、教保文庫、永豊文庫、BANDI&LUNIS、
イエス24、インターパーク図書など10ヶ所の書籍販売量を総合した結果だ。




『『成均館スキャンダル』のユチョン、「初ドラマ挑戦、緊張する」』

東方神起のユチョンのキャスティングで話題を集めている
『成均館スキャンダル』が、本格的な準備に着手した。
『成均館スキャンダル』に一番先にキャスティングされたユチョンは、
演技者変身に対する並々ならぬ意思を見せた。

16日、制作陣によるとユチョンは
「キャラクター分析はもちろん、作家、監督と数回の台本リーディングをしながら演技指導を受けている。
初ドラマ挑戦なので緊張するが、精一杯頑張りたい」と意欲的な姿を見せた。


『成均館スキャンダル』は韓服デザイナー、広報マーケティング社、
マーチャンダイジング専門会社まで参加する制作で、
因業を構成して作品の企画段階からコンテンツの商品化まで推進する青写真を提示し、期待を高めている。

制作はドラマ『愛しの金枝玉葉』『ただ見守っていて』などのレモンレインが担当し、
『朱蒙』『思いっきりハイキック』などの(株)YZOO Creativeがコンテンツ商品化を担当する。
ドラマ『黄真尹』を通じ、韓服の美しさをお茶の間と世界に知らせたキム・ヘスンデザイナーが、
今回も韓服デザインを担当した。


制作社レモンレインの関係者は「ドラマ『成均館スキャンダル』は、
一つのアイテムとして多彩な商品を創出するワンソースマルチユーズ(OSMU)を目指す。
そのためドラマの作品性から商品性まで逃さない考えだ。
国内はもちろん世界市場進出の新しい地平を開けるよう最善を尽くす」と自信を見せた。


ベストセラー『成均館儒生たちの日々』を原作にした『成均館スキャンダル』は、
5月初めに撮影を始め、事前制作を目標にする。





ユチョン主演ドラマ
楽しみにしています
でも、演技者変身・・・
完全な俳優にならないで歌手でいてください・・・
日本でもいつか放送されるかな
ユチョン、ファイティン!

スポンサーサイト

2010.04.16 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。