10≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
始まりました、ユノケル!
そして、UPされましたユノケル~~~♪













yuno

yuno

yuno
写真出所:写真内サイト様


やっぱり格好良いじゃないか~
今日もだよね!
ユノ、ファイティン!!!

ユノ、マイケル・ジャクソンを完璧に再現

虎は死んで皮を残すが、人は死んで名を残す。昨年6月に死亡したポップの皇帝マイケル・ジャクソン(1958~2009)は、名前だけでなく数多くの珠玉の名曲も残した。27日夜、ソウル龍山戦争記念館平和の広場で、ジャクソンを追慕するためのコンサート「A Tribute Band From Michael Jackson's This Is It Movie And U」が開催された。ジャクソンのヒット曲が約1時間30分間で15曲ほど上演された。

グループ・東方神起のユノがリードボーカルを務めて、2000人余りの聴衆を熱狂させる華やかな舞台を披露した。トニー・テリー、ベン・ジョンソンなど他のボーカルが歌に重点を置いたとすれば、ユノはジャクソンを連想させる舞台衣装とダンスでパフォーマンスに重点を置いた。公演のオープニングは、ジャクソンが1982年に発表したアルバムで、歴代最高の名盤の一つに選ばれる『スリラー(Thriller)』の収録曲『ビート・イット(Beat It)』だった。

ユノが舞台の下から飛び上がって登場し、どんどん寒くなる気温にもかかわらずダンスの実力を誇った。ユノは『ビート・イット』を歌った後、「こんにちは。ユノです。とても寒いでしょう?マイケル・ジャクソンの追慕公演に、リードボーカルで立つことができて嬉しいです」、「寒さを吹き飛ばすような公演にしたい」と語った。その後テリーとジョンソンなどのボーカルを主軸に、ジャクソンのヒット曲が続いた。『ワーキング・デー・アンド・ナイト(Working Day And Night)』『ロック・ウィズ・ユー(Rock With You)』など、ジャクソンが1979年に発表したアルバム『オフ・ザ・ウォール(Off The Wall)』などを聞かせた。

『P.Y.T.(Pretty Young Thing)』『リメンバー・ザ・タイム(Remember The Time)』『ヒューマン・ネイチャー(Human Nature)』等、ライブバンドの演奏とともに聞くジャクソンのヒット曲は、思い出を鮮やかによみがえらせた。ジャクソンが1987年に発売した『バッド(Bad)』の収録曲『スムーズ・クリミナル(Smooth Criminal)』で、ユノがまた舞台に上がった。ユノは情熱的にジャクソンのパフォーマンスを再現して、最初と同じように熱いファンの歓声を浴びた。以後ユノは時々登場して『ゼイ・ドント・リアリー・ケア・アバウト・アス(They Don't Really Care About Us)』『ジャム(Jam)』などを聞かせて、また違うジャクソンを舞台の上に再現して、東方神起での活動とは違うカリスマを見せて、非の打ちどころのない実力を誇示した。ユノとテリー、ジョンソンなどはミュージックビデオで初めて米国国立映画登記簿に登載された『スリラー』をアンコールで熱唱し、この日の舞台を終えた。ユノは「今後も大いに関心をお寄せください。ありがとうございました」と語った。



この日公演会場にはユンホ(ユノ)と同じマネージメント社の東方神起のチャンミン(マックス)をはじめ、グループ・シャイニーのミノなどが訪れて注目された。しかし公演が予定より1時間10分ほど遅れ、2000人余りの聴衆が寒さに震えた。「A Tribute Band From Michael Jackson's This Is It Movie And U」は、28日夜、同じ場所でもう一度開催される。一方ユンホ(ユノ)は6月8日、ロンドン・ウェンブリーアリーナで行われるジャクソン一周忌追慕コンサートに唯一のアジア歌手として参加する。
スポンサーサイト

2010.03.28 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。